I-Oデータ、カートリッジ方式NASの3.0TB/4.0TBモデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、カートリッジ方式NASの3.0TB/4.0TBモデルを出荷


掲載日:2007/06/15


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、テラバイトの容量を備えるLAN接続型HDD「LANDISK Tera」に3.0TBモデルを追加し、6月末より順次出荷する。4.0TBモデルも、受注生産する。価格は、オープン価格となっている。

 「LANDISK Tera」は、ホットスワップに対応したカートリッジ方式を採用し、障害発生時もシステムの停止や製品本体の分解などを行なわずに障害ディスクのみを交換できる、メンテナンス性に優れたNAS。専用カートリッジ「RHD」シリーズの搭載とホットスワップ機能の実装によりRAID環境を提供し、障害が発生した際には、故障したカートリッジを交換することで自動的に再構築が行われる。また、高セキュリティモデル「HDL-GTR」シリーズでは、ユーザ/グループまたはドメインユーザ、ドメイングループ単位に最大使用容量を設定可能な使用量制限機能に対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? 製品選び4つポイント 【日商エレクトロニクス】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 Yahoo! Japanが200以上の重要DBをオールフラッシュに移行 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? ストレージ選びの「4つポイント」 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 Yahoo! Japanが200以上の重要データベースをオールフラッシュに移行

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018796


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ