富士通、高精細映像の伝送/保存/共有などを行うサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、高精細映像の伝送/保存/共有などを行うサービスを提供


掲載日:2007/06/13


News

 富士通株式会社は、インターネット上での適切な映像伝送を可能とするブロードバンドソリューション「Broadsight」に、「ビデオウィンドウサービス」/「監視映像長期保存サービス」/「映像コンテンツ共有サービス」を追加し、6月より順次提供する。

 「ビデオウィンドウサービス」は、精細度に優れた映像によるモニタリングを遠隔地間でリアルタイムに可能とするサービス。映像圧縮方式“H.264”を用いることで、廉価なIPネットワークを通じ、相手側の様子をHD(High Definition)映像で細部までリアルタイムに写し出すことができる。ライブ映像の配信と同時に蓄積も可能で、映像素材を2次活用することもできる。

 「監視映像長期保存サービス」は、一般的な監視カメラの映像を“H.264”で約10分の1に圧縮し、施設や店舗の監視映像を1〜2年間、同社のデータセンタで保存する。「映像コンテンツ共有サービス」は、主に放送業界を対象としたサービスで、映像伝送装置「IP-9500」で圧縮した映像を同社のデータセンタに蓄積することで、本局/支局間や系列局間で映像素材を共有し、DBから取り出すことができる。なお価格は、「ビデオウィンドウサービス」が月額35万円から、「監視映像長期保存サービス」/「映像コンテンツ共有サービス」が個別見積となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018763


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ