事例:ニュースキンジャパン、日本アバイアのIPテレフォニー導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ニュースキンジャパン、日本アバイアのIPテレフォニー導入


掲載日:2007/06/11


News

 日本アバイア株式会社は、ニュースキンジャパン株式会社が、コールセンタと全拠点のオフィスに日本アバイア製品によるIPテレフォニーシステムを導入し、社内ユーザの利便性向上とシステム管理の効率化を可能としたと、発表した。

 ニュースキンジャパンでは、パーソナルケア製品や栄養補助食品の製造/輸入/卸売販売を行なっている。従来、各拠点にデジタルPBXを設置し、内線電話番号も拠点ごとに割り振っていたため、頻繁に拠点を移動する社員になかなか電話がつながらない、複数の内線番号のボイスメールを確認する必要がある、といったユーザの使い勝手の問題を抱えていた。また、異動やオフィスレイアウトの変更時に伴う電話の移設のために、IT部門が拠点に出張して設定変更を行なっていた。これらの課題を解決し、ディストリビュータ(同社と契約した個人や小規模の法人)との円滑なコミュニケーションを可能とするため、従来のデジタルPBXと同等の音声品質と信頼性を備え、運用の効率化が可能な電話システムの全社的導入を検討していた。

 今回同社では、東京本社と名古屋/大阪支店、福岡ウォークイン、有明コールセンタ、横浜倉庫の合計6拠点にIP-PBX「Avaya Communications Manager」をベースとしたIPテレフォニーシステムを導入した。2005年9月に開設された名古屋支店でアバイアのIPテレフォニーソリューションを先行導入し効果を検証した結果、信頼性とユーザの利便性、管理運用性が評価され、全拠点への導入拡張に至った。コールセンタでは既存のデジタル電話機を利用するなど、既存の電話システムの資産により初期投資コストを抑えながらIPテレフォニーへ移行できる点も評価された。

 今回のシステム導入により、従業員がどの拠点にいても1つの内線電話番号で発着信可能となったほか、有明と大阪に分散するコールセンタの一元的な運用管理により、ディストリビュータからの問い合わせ/要望へのスピーディな対応が可能となった。また、本社からリモートで全拠点のシステムの保守運用が可能となり、管理運用コストが低減された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018728


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ