dit、IT統制の構築に適したセキュリティソリューション2種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、IT統制の構築に適したセキュリティソリューション2種を発売


掲載日:2007/06/07


News

 株式会社ディアイティは、IT統制の構築に適したエンタープライズ向けセキュリティソリューション2種を、7月より発売する。

 今回発売されるのは、シンガポールCelestix Networksが開発した、複数拠点で事業を展開する企業向けのMicrosoft ISA(Internet Security and Acceleration)サーバアプライアンス「MSA 5000/6000」シリーズと、韓国Netcube Technologiesが開発した、マルチドメインをサポートするユーザ認証アプライアンスサーバ「EAS PRO」とユーザ数無制限の「EAS Enterprise」ソフトウェア。「MSA 5000/6000」シリーズは、複数拠点のサーバ設定の維持管理の一元化とコスト削減を図ることができる。

 本社にISA Server 2006 Enterprise Editionを搭載した「MSA5000e/6000e」を、拠点/支店にISA Server 2006 Branch Office Editionを搭載した廉価な「MSA3000b/4000b」を配置することで、管理者は、本社の「MSA5000e/6000e」のCSS(Configuration Storage Server)機能を使用し、国内の拠点や海外の支店に設置されたネットワーク上のすべての「MSA3000b/4000b」の設定を集中一元管理することができる。

 「EAS PRO/EAS Enterprise」は、マルチドメイン機能が追加されており、1台の認証サーバで複数のユーザDBへのアクセスがサポートされ、アクセス管理を簡便化することができる。「EAS Enterprise」はユーザ数無制限のため、ユーザ数の大規模な増加にも容易に対応することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 指ハイブリッド認証 【NEC】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018690


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ