日本HP、ブレードのデータを容易にバックアップできる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ブレードのデータを容易にバックアップできる製品を出荷


掲載日:2007/06/05


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、第3世代ブレードシステム「HP BladeSystem c-Class」で、Ultriumテープドライブ搭載ブレード「HP StorageWorks Ultrium 448cテープブレード」を、6月下旬より出荷する。

 「HP StorageWorks Ultrium 448cテープブレード」は、「HP BladeSystem c-Class」のエンクロージャ(筐体)に搭載できる、テープドライブ機能を備えたブレード型デバイス。LTO(Linear Tape-Open)Ultrium Generation 2規格に準拠した“Ultrium 448”テープドライブを内蔵しており、エンクロージャに挿入することで隣接するサーバブレードに直接接続される。これにより、ブレードシステムでのデータバックアップを容易に行なうことができる。

 テープブレードが直接接続されていないサーバブレードやストレージブレードのデータも、エンクロージャのバックプレーンを介したネットワーク接続により、1つのエンクロージャ内でバックアップすることができる。


出荷日・発売日 2007年6月下旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「日本ヒューレット・パッカード」セミナー

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018661


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ