RATOC、eSATA/USB 2.0リムーバブルRAID HDDのMac/TBモデル出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


RATOC、eSATA/USB 2.0リムーバブルRAID HDDのMac/TBモデル出荷


掲載日:2007/06/04


News

 ラトックシステム株式会社は、eSATA(外付けシリアルATA)/USB 2.0リムーバブルRAID HDDの500GB Macモデル「SA-DK2EU-R500M」/1TBモデル「SA-DK2EU-R1.0T」/1TB Macモデル「SA-DK2EU-R1.0TM」の計3製品と、オプションのHD組込アルミトレイ3モデルを、6月下旬より出荷する。

 「SA-DK2EU-R500M」/「SA-DK2EU-R1.0T」/「SA-DK2EU-R1.0TM」は、RAIDシステムとして容易に導入できるリムーバブルHDD。ハードウェアRAIDケースは、自動バックアップが可能なRAID1や、HDを高速/大容量化するRAID0といった4つのモードを備えている。eSATAとUSB 2.0のデュアルインターフェースを備えているほか、容易にセットアップでき、PC電源オンのままHD交換できるホットプラグに対応している。ソフトウェア上での取り外しや、稼働中のRAIDモードと各HDの状況表示、エラー発生時のメッセージ表示とメール通知などのHD管理を提供するRAIDモニターも添付されている。

 また、今回発売されるHD組込アルミトレイは、「SA-35TRA-BK250」(250GB ブラック)/「SA-35TRA-LG500」(500GB ライトグレー)/「SA-35TRA-BK500」(500GB ブラック)の3モデル。「REX-RAID」リムーバブルケースと「REX-SATA」シリーズで共通使用が可能で、熱伝導パッドでHDの熱排出を向上し、アルミでHDの熱拡散の速度を向上している。共振抑制シートやスムーズイジェクト方式も採用されている。


出荷日・発売日 2007年6月下旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 【arcserve Japan+他】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018636


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ