日本アバイア、SoftBank X01NK/Nokia E61対応のFMCソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本アバイア、SoftBank X01NK/Nokia E61対応のFMCソフトを提供


掲載日:2007/06/01


News

 日本アバイア株式会社は、ノキア・ジャパン株式会社のスマートフォン「Nokia E61」とソフトバンクモバイル株式会社の「SoftBank X01NK/Nokia E61」に対応し、携帯電話網と企業内無線LANの両環境に対応したFMC(Fixed Mobile Convergence)ソフト「Avaya one-X Mobile 4.2」の提供を、開始した。

 「Avaya one-X Mobile 4.2」は、両端末に対し、IP-PBXソフト「Avaya Communication Manager」(ACM)にアクセスする機能を提供するアプリケーション。「ACM」の“Extention to Celluler”機能により、携帯電話網/無線LANのどちらの環境でも携帯電話端末がPBX内線として動作するため、ユーザは電話の発着信や保留、転送、電話会議など、オフィスの固定電話と同等の機能を携帯電話端末で利用することができる。また、固定電話のダイヤルイン番号をパーソナル番号として使用できるため、固定電話にかかってきた電話を携帯電話で受けることや、携帯電話の番号を通知せずに顧客に電話することが可能となる。

 携帯電話端末の着信も「ACM」経由で行なわれるため、携帯電話網/無線LAN間での呼のスムーズな切り替えが可能で、通話中でも携帯電話端末/IP電話機端末/IPソフトフォンの各端末間でシームレスな通話切り替えが可能となる。これにより、顧客との会話を中断せずに業務環境に合った端末を選択し、通話を継続することができる。切り替えは同一端末上でも可能で、無線LAN内線モードで通話中に無線LAN圏外に移動する場合、ボタン操作で携帯内線モードに切り替え、通話を継続しながら外出することができる。

 その逆も可能で、通話コストの削減を図ることができる。また、無線LAN配下からの発信は内線電話として、携帯電話網配下からの発信は国内通話として一度「ACM」に入り、「ACM」からIPコールなどで海外に発信するため、国際電話の通話コストを削減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018619


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ