ドコモ、屋内基地局を利用した構内通話サービスでPBX接続を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドコモ、屋内基地局を利用した構内通話サービスでPBX接続を提供


掲載日:2007/06/01


News

 株式会社NTTドコモグループ9社は、屋内基地局設備「IMCS」を利用した構内通話サービス「OFFICEED」で、FOMA端末をコードレス内線電話機のように利用可能とする「OFFICEED-PBX接続サービス」の提供を、開始した。

 「OFFICEED」は、「IMCS」と専用の付加装置を設置することで、既存のFOMAをそのまま利用し、「IMCS」エリア内で登録メンバー間の構内通話を可能とするサービス。今回提供される「OFFICEED-PBX接続サービス」では、「OFFICEED」とPBXを接続することで、FOMAと既設の内線電話との相互通話を可能とする。これにより、既存のPBXや「IMCS」などの設備を活用し、1台のFOMA端末で携帯電話と内線電話を利用できるシームレスな環境を構築することができる。

 PBX接続装置の設置により、PBXと「OFFICEED」を接続し、PBXの内線電話とFOMAとの相互通話や、外線からの着信をFOMAへ転送することなどが可能となる。また、「OFFICEED」に登録されたFOMAに2桁から8桁の任意の番号を設定し、短縮番号を利用した構内通話を行なうこともできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】 Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】
IP-PBX IP-PBX
働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。 既存のPBXやIP電話をSkype for Businessと簡単に統合する手法とは

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018617


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ