日本クロストラスト、日本語対応のEV SSL証明書を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本クロストラスト、日本語対応のEV SSL証明書を提供


掲載日:2007/06/01


News

 日本クロストラスト株式会社は、日本語対応の“EV(Extended Validation)SSLサーバ証明書”「Enterprise EV SSL」/「Enterprise EV SSL Premium」の提供を、開始した。

 “EV SSL証明書”は、世界の主要な認証局と米マイクロソフトなどWebブラウザベンダが設立した“CA/Browser Forum”で制定されたガイドラインに基づき、世界統一基準の審査プロセスによって発行されるSSLサーバ証明書。導入されたWebサイトにWindwos Vista/IE 7で接続するとアドレスバーが緑に変色し、同バーの右側にサイト運営者の組織名称が表示される。

 今回提供される「Enterprise EV SSL」/「Enterprise EV SSL Premium」では、アドレスバー右側の組織名称表示を日本語表記にすることができ、視認性を高めることができる。「Premium」では、40〜56ビットの鍵長にしか対応していないブラウザからのアクセスに対し、自動的に128ビットでの暗号化通信を可能とする“SGC”(Server Gated Cripygraphy)に対応し、暗号強度を向上させることができる。なお価格は、「Enterprise EV SSL」が1年で15万8000円、2年で29万8000円、「Premium」が1年で19万8000円、2年で37万6000円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本クロストラスト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】
認証 認証 認証 認証 認証
クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018615


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ