日本IBM、ビジネスアプリのインフラ構築/運用サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ビジネスアプリのインフラ構築/運用サービスを提供


掲載日:2007/05/31


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、ERPやCRMなどビジネスアプリケーションのインフラを構築/運用するサービス「アプリケーションズ・オンデマンド」(AoD)の提供を、開始した。

 「AoD」は、ビジネスアプリケーションを利用するためのハードウェア/基本ソフトウェア/ネットワークなどのインフラを、あらかじめ米国アリゾナ州などにあるIBMのデータセンタ内に用意し、ネットワーク経由でユーザに提供するサービス。ユーザ自身で保持する資産は不要で、短期間に、初期投資を抑えて標準仕様のビジネスアプリケーションを導入することができる。対象業務を順次拡大する場合にも、IBMが資源の追加を行なうため、柔軟/迅速に対応可能となる。問題判別などのサポートも24時間提供される。

 今回、ビジネスアプリケーションの第1弾として、SAPのERPソフトウェアに対応する。ビジネスアプリケーションを新規に導入するユーザ向けに短期間で開発環境を構築する「デベロップメント・サービス」と、すべてのユーザ向けに本番環境の運用を行なう「フル・サービス」の2種類が用意されている。なお価格は、「デベロップメント・サービス」が月額110万円から、「フル・サービス」が月額220万円から(SAPライセンス別)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

DXの重要性をIDCが解説――世界の本気が一目で分かるインフォグラフィック 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ+他】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ+他】 ハイパーコンバージドインフラが救世主となる理由と、効果を最大化する法則 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
インフォグラフィックで解説:DXの重要性と世界の本気度 第3のプラットフォーム提唱企業が解説 コンポーザブル・インフラ デジタル変革、5つの疑問──ネットワークはどう変わればいい? シンプルなITインフラに不可欠な要素は? 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018604


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ