MONET、運用リスク管理ソフトウェア「HUNTSMAN」日本語版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MONET、運用リスク管理ソフトウェア「HUNTSMAN」日本語版を発売


掲載日:2007/05/31


News

 株式会社MONETは、豪Tier-3が開発したエンタープライズ向けセキュリティ/リスク管理ソリューション「HUNTSMAN」の日本語版を、発売する。

 「HUNTSMAN」は、ネットワーク上のハードウェア/ソフトウェア/OSなどから提供されるログに基づいたプロファイルを作成し、ネットワークの通常状態を学習する“BAD”(異常挙動の自動検知)技術による学習型監視ソフトウェア。同技術により、既知/未知の脅威に対する防御を可能とする。GUIベースでの多角的な分析機能を備えているほか、ダッシュボード機能によるモニタリングや、シャットダウン、リモートでのコマンド実行といったリアルタイム機能が搭載されている。

 レポート機能としては、インシデントの管理レポートや、運用/管理に関するレポート、スケジュール機能による定期的なレポート配信といった機能を備えている。また、管理者用の連絡機能では、インシデント発生時の指示や、担当者の対応報告、対応履歴が提供される。フォレンジックの証拠となるログ収集や、ユーザの操作履歴の監視も可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フォレンジック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

「フォレンジック」関連の製品

ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」 【ギガ+他】 ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.3.1』 【オーク情報システム】
フォレンジック フォレンジック
社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。 全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018599


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ