日本HP、建築/設計等テクニカル市場向け大判プリンタなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、建築/設計等テクニカル市場向け大判プリンタなどを発売


掲載日:2007/05/30


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、建築/設計/機械/土木測量からPOP/ポスター製作までテクニカル市場を中心とした様々な用途に利用できる大判プリンタ「HP Designjet T1100(DJT1100)」/「HP Designjet T610(DJT610)」の2シリーズ6モデルを、6月下旬より順次発売する。

 「DJT1100」は、HDDと256MBのメモリ、ギガビットイーサネットを搭載し、大容量のデータ出力を行なうワークグループ/エンタープライズ向けのモデル。「DJT610」は、SOHO/個人ユーザ向けのモデルで、価格性能比に優れている。それぞれ、最大出力幅が24インチ(610mm)と44インチ(1118mm)のモデルがラインアップされている。顔料系マッドブラック/染料系フォトブラック/グレーインクからなる3ブラックインクを採用し、普通紙でのシャープな線画や光沢紙での忠実な黒の表現、CAD製図などで使用されるグレーの階調表現を可能としている。また、距離精度も向上されている。

 プリントデータの生成速度を向上させたほか、データサイズを圧縮し、少ないデータサイズでプリンタにジョブを送ることができる。高速チップによりデータの展開速度も向上されており、印刷開始コマンドから出力されるまでの時間を短縮している。座標を取り扱うことができる同社開発のページ記述言語“HP-GL/2”に対応し、データに忠実な線画品質を再現可能となっている。

 旧製品のカラーエミュレーション機能を搭載しているため、従来のプリンタで設定していた色調を容易に再現することができる。クローズループカラーキャリブレーションやメンテナンスフリー機能も備えている。また同社は、均一な出力を実施するために用紙の状態を検知し、用紙送り幅を調整する機能“オプティカルメディアアドバンスセンサ”(OMAS)を搭載したグラフィクス向け大判プリンタの最上位機「HP Designjet Z6100(DJZ6100)」4モデルも、6月下旬より発売する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018582


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ