Nero、ブルーレイ/HD DVD対応のLinux版ライティングソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Nero、ブルーレイ/HD DVD対応のLinux版ライティングソフト発売


掲載日:2007/05/29


News

 株式会社Neroは、CD/DVDに加え、ブルーレイディスク/HD(High Definition)DVDへのデータ書き込みが可能なLinux版ライティングソフト「Nero Linux 3」を、発売した。同社のWebサイトよりダウンロード販売され、価格は2980円(税込)となっている。

 「Nero Linux 3」は、UDF(Universal Disk Format)への完全対応により、ブルーレイディスク/HD DVDへのデータ書き込みが可能なLinux版ライティングソフト。64ビットをネイティブでサポートし、64ビットOSでの安定した動作が可能となっている。“SmartDetect”テクノロジにより、PCに接続されているドライブを自動的に認識でき、新型ドライブもソフトウェアのアップデートを待たずに使用することができる。Unicodeへの対応により日本語を含む26言語に対応しており、国内外の支社間で同じソフトを利用したい企業などにも適している。


出荷日・発売日 2007年5月24日 発売
価格 2980円(税込)

関連キーワード

「Nero」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018561


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ