コニカミノルタ、A2対応のデジタルモノクロ複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コニカミノルタ、A2対応のデジタルモノクロ複合機を発売


掲載日:2007/05/28


News

 コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社は、コピー機能を備え、オプションでFAX/ネットワークプリンタ/スキャナに対応できるA2サイズ対応デジタルモノクロ複合機の原稿カバー標準モデル「1420W」とドキュメントフィーダ標準モデル「1420W(RADFモデル)」を、発売した。

 2モデルとも、A4ヨコで毎分40枚、A2タテで毎分14枚のコピーが可能なデジタルモノクロ複合機。ファーストコピータイムは5.0秒(A4ヨコ)、ウォームアップタイムは60秒以下を達成している。標準6WAY/1900枚(250枚×3段+550枚×2段+手差し50枚)の給紙が可能で、A2からハガキまで様々なサイズの用紙を収納することができる。前面給紙トレイにより用紙交換/補給もスペースを気にせず行なうことができる。

 操作パネルには8.5インチワイドVGAディスプレイを搭載し、視認性と操作性が向上している。トナー交換や紙詰まりなどの処理手順をわかりやすく表示するアニメーションガイダンスや、基本機能をシンプルに表示する画面に切り替え可能な“簡単画面ボタン”機能を搭載している。本体HDDに蓄積したスキャンデータのサムネイル表示も可能で、電子化した大判図面のハンドリングもスムーズに行なうことができる。

 ネットワークプリンタ機能では、毎分で40枚(A4ヨコ)/14枚(A2タテ)の出力が可能で、画質は600dpiを達成している。プロッタ出力言語RP-GL、RP-GL/2、RTIFFの各エミュレーションを搭載し、CADアプリケーションからの印刷に対応している。スキャナ機能では、600dpi/A2サイズに対応し、A2の原稿も等倍のまま読み取りデータとして利用することができる。自動原稿送り装置RADFにより毎分40枚(A4ヨコ/200dpi文字モード時)の連続読み込みが可能で、50枚(A4)以上の読み取りの場合、数回に分けてスキャンしても1セットとして扱える大量原稿モードも装備している。

 FAX機能では、相手機が同じ「1420W」の場合、A2の原稿を等倍で送受信することができる。3秒(A4標準原稿)のスーパーG3モードで迅速に送信でき、更にJBIG通信への拡張により2秒台(A4標準原稿)での送信が可能となっている。また、従来のユーザコード認証に加え、ログインユーザ名とパスワードを使用したユーザ認証システムを搭載している。印刷した原稿の用紙全体にマスクパターンを埋め込むことで不正コピーや情報漏洩を抑止する地紋印刷機能にも対応している。


出荷日・発売日 2007年5月24日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018558


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ