SBTとSBTC、コストパフォーマンスに優れた脆弱性診断を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBTとSBTC、コストパフォーマンスに優れた脆弱性診断を提供


掲載日:2007/05/25


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社とSBTコンサルティング株式会社は、オンデマンド脆弱性診断サービス「ScanDigest」を、発売した。

 「ScanDigest」は、ログイン後(アカウント/パスワード認証後)の診断も可能など、深いレベルでのWebアプリケーション診断を提供する脆弱性診断サービス。年間契約のチケット制で、任意の日にインターネットを介して診断を行なうことができ、Webアプリケーションのボリュームが大きくても価格は変動せず、コストパフォーマンスに優れている。また、ユーザ側での作業や、初期ハードウェア/ソフトウェアの購入は不要で、サービス開発に携わったセキュリティコンサルタントによるサポート体制も用意されている。なお価格は、事前調査費を含む基本料金が10万円、基本サービスの2回チケットが20万円、12回チケットが60万円などとなっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない 【ラピド セブン ジャパン】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】 「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目 【日本電気】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018542


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ