アダプテックジャパン、NAS「Snap Server」シリーズを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アダプテックジャパン、NAS「Snap Server」シリーズを発売


掲載日:2007/05/23


News

 アダプテックジャパン株式会社は、NASの新製品「Snap Server 650/520/410/210/110」を、発売した。

 「Snap Server」シリーズは、OSに独自の「GuardianOS」を採用したNASソリューション。「650/520/410/210/110」機器間でのデータのレプリケーション/保護/移動/管理を容易に実施できるソフトウェアにより、最大66TBまでの拡張が可能なソリューションを提供する。「110/210」は、遠隔地のオフィスやワークグループ向けに設計された固定容量のデスクトップシステムで、最大50ユーザをサポートしている。「410」は、部門での使用に適した固定容量のラックマウントシステムで、最大125人の同時ユーザワークロードをサポートしている。

 「520/650」は、最大200人の同時ユーザのワークロードをサポートし、柔軟なアレイ拡張機能を備えたラックマウントシステム。9TBまでの容量拡張を可能とする拡張用JBOD「SANbloc S50 JBOD」も用意されている。追加された容量は直ちに使用でき、RAIDの再構築も不要となっている。


出荷日・発売日 2007年5月22日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SQL Server+フラッシュストレージはどこまで「買い」か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 美魔女が教える「はじめてのファイルサーバ」――中小企業を救う6つのヒント 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較 中堅・中小企業のIT予算でも、フラッシュストレージを使った業務アプリのDB高速化が現実的に。大手SI企業が「これならば」と納得して推薦する製品は他と何が違うか。 美魔女が教える「はじめてのファイルサーバ」――中小企業を救う6つのヒント ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018505


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ