タンベルグデータ、圧縮時容量1.6TBのLTO4テープドライブを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


タンベルグデータ、圧縮時容量1.6TBのLTO4テープドライブを発表


掲載日:2007/05/22


News

 タンベルグデータ株式会社は、ハイエンドサーバでのデータのバックアップやアーカイブ、リストアに適したLTO(Linear Tape-Open)第4世代テープストレージソリューション「Tandberg 1640LTO」を、発表した。参考価格は、88万円からとなっている。

 「Tandberg 1640LTO」は、Ultrium LTO4フォーマットに対応し、ハードウェアによる暗号化やオートメーション用ADIインターフェースを備えたLTOテープドライブ。Ultrium4テープ1巻に非圧縮で800GB、ハードウェア圧縮で1.6TBのデータ記憶容量を備え、非圧縮で毎秒120MB、圧縮時は毎秒240MBでの転送が可能となっている。ホストインターフェースは、SCSI ULTRA 160と、4ギガビットファイバチャンネルに加え、SAS(Serial Attached SCSI)3Gbpsの3種類が用意されている。また、Ultrium2データカートリッジのReadと、Ultrium3データカートリッジのRead/Writeが可能な互換性を確保している。256MBのバッファ容量を備え、WORM(Write Once Read Many)にも対応している。

 自己診断機能による統計分析やレポートシステムを備え、障害個所を容易に特定することができる。テープロード中のテープ速度やリールの回転を確認しながらテープテンションを制御する“アダプティブ・テープ・スレディング”により、確実なテープ巻取りを行なうことができる。テープピンのピックミスを防止する“ポジティブ・ピン・リテンション”と独立したローダ/スレッドモータや、不慮のパワーダウン時などにも緩やかに減速しテープジャムやテープ切れを防ぐダイナミックブレーキ機構も搭載されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 参考価格:88万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018488


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ