NRI、「ILF2007」に“電子帳票検印ワークフロー機能”を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、「ILF2007」に“電子帳票検印ワークフロー機能”を追加


掲載日:2007/05/21


News

 株式会社野村総合研究所は、ドキュメント管理ソリューション「ILF2007」に“電子帳票検印ワークフロー機能”を追加した製品を、6月1日より発売する。

 「ILF2007」は、業務システム出力帳票やオフィス文書、紙の資料などを電子化して一元管理することに加え、情報漏洩などのセキュリティ課題や内部統制の推進にも対応するドキュメント管理ソリューション。ドキュメントやフォルダの機密性や重要性に応じてアクセス権/監査証跡を管理でき、一元管理されたドキュメントを活用して知識の共有を促進するなど、ナレッジマネジメント環境を構築することができる。

 今回追加された“電子帳票検印ワークフロー機能”では、電子化された帳票を企業で定められている業務ルールに基づいて、PCの画面上で検印承認の作業を行なうことができる。これにより、紙の帳票が必要な業務も含めた全ての作業がシステム上で可能となる。


出荷日・発売日 2007年6月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「帳票管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「帳票管理システム」関連の製品

メインフレームの帳票出力環境、オープン化&電子化が生むこれだけのメリット 【ウイングアーク1st株式会社】 帳票発送業務を効率化――出力・仕分け・封入を一気通貫でシステム化する方法 【ピツニーボウズジャパン株式会社】 メインフレームの帳票出力をオープン化、プログラム改修なしに実現する方法とは 【ウイングアーク1st】 枚数の異なる300件もの明細書発送を1時間で――クリヤマに学ぶ発送業務の効率化 【ピツニーボウズジャパン】 電子活用ソリューション SPA 【ウイングアーク1st】
帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム
メインフレームの帳票出力環境、オープン化&電子化が生むこれだけのメリット 帳票発送業務を効率化――出力・仕分け・封入を一気通貫でシステム化する方法 メインフレームの帳票出力をオープン化、プログラム改修なしに実現する方法とは 枚数の異なる300件もの明細書発送を1時間で――クリヤマに学ぶ発送業務の効率化 SPAは電子帳票の保管から破棄までの一元的なライフサイクル管理を実現し、アナログな業務プロセスを自動化し、業務効率向上を実現。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018476


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ