WebEx、SaaSモデルのグループウェアサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


WebEx、SaaSモデルのグループウェアサービスを提供


掲載日:2007/05/17


News

 ウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社(WebEx)は、SaaS(software as a service)モデルの中小企業向けグループウェアサービス「WebExOne」の提供を、開始した。

 「WebExOne」は、社内外/グループ間で情報を共有するためのグループウェアサービス。スケジュール管理や文書共有、伝言板などの機能を、標準的なブラウザとインターネット接続のみで利用することができる。CRMやSFA(営業管理)などのDB機能を備え、バンドルされているテンプレートの使用やカスタムメイドで、業務に応じてDBを共有することができる。

 “Webフォルダ機能”により、自社サーバと同様にエクスプローラ画面から文書共有が可能となっている。カスタマイズ性に優れ、インターフェースやデザインなどを容易な操作で変更できるほか、利用者のパスワード管理や利用状況監視など、管理機能にも優れている。また、モバイル連携にも対応している。なお価格は、ユーザ数5/ディスク容量250MBの場合で月額5040円、ユーザ数500/ディスク容量10GBの場合で月額23万9400円(いずれも税込)などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 質重視の労働に変わるためのコラボレーション術、取り組むべき3つのポイント 【日本マイクロソフト株式会社】 月額150円グループウェアの実力を徹底解説、無料サービスとの違いとは? 【リスモン・ビジネス・ポータル】 ビジネスに変革をもたらす新たなコミュニケーションツール、その将来像に迫る 【日本マイクロソフト株式会社】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 質重視の労働に変わるためのコラボレーション術、取り組むべき3つのポイント 無料グループウェアのサービス終了がアナウンスされ出した。コストをかけたくない企業の乗り換え先はどう選ぶべきか。月150円のサービスがさらにお得になる朗報がある。 ビジネスに変革をもたらす新たなコミュニケーションツール、その将来像に迫る

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018448


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ