提携:日本ソフト販売とTurbolinux、IP-PBXと電子電話帳を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日本ソフト販売とTurbolinux、IP-PBXと電子電話帳を連携


掲載日:2007/05/16


News

 日本ソフト販売株式会社とターボリナックス株式会社は提携し、IP-PBXを利用したダイレクトマーケティングシステムを、発売した。

 今回の提携では、日本ソフト販売の電子電話帳システム「全国e電話帳」とターボリナックスのIP-PBX「InfiniTalk」が連携される。第1弾として、「InfiniTalk」側に着信した電話番号を元に個人/企業情報をポップアップさせる機能と、抽出した電話番号をクリックすることで自動的に電話を発信するCTI連携機能が開発された。これにより、「全国e電話帳」で見込み顧客を抽出した後、画面上の発信ボタンを押すことで「InfiniTalk」が自動で電話を発信し、アポイントが取れれば「全国e電話帳」で訪問ルート確認や周辺地図印刷が可能となるなど、一連の営業活動を行なうことができる。

 着信ポップアップ機能により、融資やカードローンなどの本人(住所)確認を即座に行なうことができる。ダイレクトセールスやお知らせ/案内、選挙活動などアウトバウンド業務に加え、受注/各種申し込みなどインバウンド用途でも使用することができる。なお価格は、イニシャルコストが60万円程度(サーバ、IP-PBXソフトウェア10ユーザライセンス、ソフトフォン10ライセンスを含む)からで、「全国e電話帳」システムはデータを検索した分の従量課金となっている。


出荷日・発売日 2007年5月16日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】 Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】
IP-PBX IP-PBX
働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。 既存のPBXやIP電話をSkype for Businessと簡単に統合する手法とは

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018410


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ