NECなど、本体上面に原稿を排出するFAXを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、本体上面に原稿を排出するFAXを発売


掲載日:2007/05/14


News

 日本電気株式会社とNECアクセステクニカ株式会社は、受信原稿の排出口と積載部を本体上面に設けることで、原稿の受信を一目で把握でき重要な書類などの放置を防止できるビジネス向けFAX「NEFAXIP5000」/「NEFAX IP3000」を、5月24日より出荷する。

 両製品では、本体の“おでかけ受信”ボタンを押すことで、外出時/不在時に受信した文書の印刷を保留して文書をメモリに蓄積でき、帰社時/出勤時に同ボタンを再度押すと、保留されていた受信文書が印刷される。これにより、不在時の受信原稿放置や原稿の盗難などを防止でき、セキュリティを向上させることができる。

 オプションの“着ライト”により、原稿受信時にランプとブザーで通知することが可能となる。ダイヤルインサービスにより1台のFAXに複数の番号を割り当てれば、番号ごとに着信通知の有無やランプ点灯色、ブザー音などを設定することができる。緊急用の番号を設定し、その番号への着信時のみに着信通知を行なう、といった運用により、重要な受信情報の見逃しを防止できるほか、電話会社の番号表示サービスにより特定の相手からの着信時に通知することもできる。

 インターネットFAXに加え、IPアドレスFAX機能とSIP(Session Initiation Protocol)-FAX機能を搭載し、インターネット/イントラネットを利用して通信コストを削減することができる。SIP-FAX機能により、IP電話環境で利用する場合でも、通常のFAX通信に比べ通信品質の安定性に優れている。「IP3000」では、IP-FAX通信機能はオプションで用意される。なお価格は、「IP5000」が69万8000円、「IP3000」が54万8000円となっている。



出荷日・発売日 2007年5月24日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018386


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ