エンプレックス、統合型CRMパッケージの新バージョンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エンプレックス、統合型CRMパッケージの新バージョンを出荷


掲載日:2007/05/11


News

 エンプレックス株式会社は、統合型CRMパッケージの新バージョン「eMplex CRM Suite Release 8.0」を、出荷した。価格は、個別見積となっている。

 「eMplex CRM」は、Web/メール/電話や、対面営業、ECといった様々なコンタクトチャネルに対応する統合型CRMパッケージ。今回の新バージョンでは、Webマーケティングから見込み客育成、営業支援やECによる売上拡大、収支管理を含む営業パフォーマンスダッシュボードによるマネジメント意思決定支援/管理会計まで、エンタープライズマーケティングのための機能をワンストップで提供する。

 エンタープライズマーケティングの全プロセスを統合する「eMplex マーケティングSFAソリューション」では、データ連携やパフォーマンス&ROI(投資対効果)可視化の機能を強化し、スケジューラ機能にAjax技術を採用したほか、SFA(営業支援)機能に「eMplex CRM」のメールマーケティング機能がバンドルされた。営業活動中から受注後までプロジェクトの収支と受発注関連文書を集中管理でき、管理会計ダッシュボードとしてビジュアルなレポートが提供される。ERP/財務会計などの基幹システムとの連携API(Application Program Interface)にも対応している。

 ECソリューション「eMplex eコマースソリューション」には、口コミマーケティングを支援するユーザレビューやアフィリエイト連携、新製品情報のRSS配信といった機能が搭載された。Webサイト/メールによりマーケティング活動を支援する「eMplex eマーケティングソリューション」では、Webコンテンツ管理システムと顧客管理システムを完全に連携でき、会員限定コンテンツなどのサイトを標準機能で運営可能となっている。また、「eMplex eコマースソリューション」/「eMplex eマーケティングソリューション」は、Webアクセス解析と顧客データの連携を提供する新機能“eMplex CAA(Customer Access Analysis)”により、キャンペーン単位や個々の顧客単位でサイト来訪などのマーケティング効果を分析することができる。


出荷日・発売日 2007年5月10日 出荷
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない 【フュートレック】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 CRMソリューション「Visionary」 【フュートレック】 ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方 【富士通】
CRM CRM CRM CRM CRM
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法 ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018365


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ