グローバルテクノ、Webアクセス監視システムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グローバルテクノ、Webアクセス監視システムの新版を発売


掲載日:2007/05/11


News

 株式会社グローバルテクノは、Webへのすべてのアクセスを容易に監視できるモニタリングシステムの新バージョン「SPRINGER3.5」を、発売した。

 「SPRINGER3.5」は、Webサーバの前にリバースプロキシ(代理)サーバとして設置することで、Webサービスの内容をすべて記録できるシステム。既存のWebサーバやアプリケーションサーバ、DBサーバに依存せず、アプリケーションやDBの修正/変更が不要で、容易に導入することができる。

 利用者と利用したWebサービスを関連付けて一元的に管理するため、ログの分析の手間を軽減でき、問題解決の効率化を図ることができる。また、利用したWeb情報を利用時の状態で保存しているため、動的/静的コンテンツが変更されていても利用時の情報を再現することができる。オプション機能として、任意に閾値(キーワード/数値/アクションなど)を設定することで、Webサービスの利用状況をリアルタイムに分析してアラートを出すことができる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

その仮想化導入は損してる? スグできる直接/間接コスト計算術 【日商エレクトロニクス】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 管理者もユーザも手がかからないファイルサーバ最適化術とは? 【ジャストシステム】 コンソールサーバー SmartCS NS-2250 【セイコーソリューションズ】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
その仮想化導入は得してる? 損してる? スグできる直接/間接コスト計算術 業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 SmartCSは、サーバーやネットワーク機器のコンソールポートを統合・収容し、ネットワーク障害発生時にも確実に対象機器へアクセスできるライフラインの構築を容易にする。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018364


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ