富士通、エントリーディスクアレイ3モデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、エントリーディスクアレイ3モデルを出荷


掲載日:2007/05/10


News

 富士通株式会社は、業務運用中のバックアップを可能とする様々なコピー機能と、保存データの増加に対応する拡張性を備えたエントリーディスクアレイ「ETERNUS2000」3モデルを、8月31日より出荷する。価格は、「モデル50」が99万9000円から、「モデル100」が188万円から、「モデル200」が425万円からとなっている。

 「ETERNUS2000」は、最薄約9cm(2u)とコンパクトなラックマウント型ディスクアレイ。部品点数の削減などにより消費電力を従来比最大40%削減しているほか、外気温に応じてファン回転速度を多段階で制御することで42dBという図書館並みの静音性を達成している。また、コントローラ/電源/ファンなどの2重化に加え、同一RAIDグループ内のディスクドライブの2重故障時にもデータを保持できるRAID6のサポートや、格納されるすべてのデータにチェックコードを付与しデータの整合性を保証する“ブロックガード”機能を備えるなど、信頼性に優れている。同社に加え他社のUNIXサーバ/PCサーバにも接続することができる。

 「モデル100」/「モデル200」では、業務運用中にディスク to ディスクの高速なデータコピーが可能な“アドバンスト・コピー機能”をサポートしている。基幹DBなどのバックアップに適した“QuickOPC”や、部分データのみをコピーし複数世代のバックアップに適した“SnapOPC”といったコピー機能を利用することができる。

 「モデル200」の最大構成ではディスクドライブを72台まで搭載でき、54TBまでの拡張性を備えている。搭載できるディスクドライブとして、性能/信頼性に優れた毎分1万5000回転のSAS(シリアルアタッチドSCSI)と、ディスク to ディスクのバックアップやアーカイブ用途に適したニアラインSATA(シリアルATA)をサポートしている。異なるディスクドライブを同一本体内に混在させることもでき、本体内の世代管理バックアップも可能となっている。


出荷日・発売日 2007年8月31日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

徹底調査:今後3年で中小企業のデータ管理体制はどう変わる? 【ベリタステクノロジーズ】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
【ITキーマン 906人に聞いた!】今やるべき”データ保護”とは クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018359


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ