富士通、内部統制強化支援ソリューションを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、内部統制強化支援ソリューションを拡充


掲載日:2007/05/09


News

 富士通株式会社は、「内部統制強化支援ソリューション」を拡充し、教育/研修コースと各種テンプレートを合わせた「文書化基本セット」を、出荷した。文書管理ツール「PRODocumal」の内部統制オプションも、6月末より出荷する。価格は、「文書化基本セット」が300万円、「PRODocumal 内部統制オプション」が100万円となっている。

 「文書化基本セット」は、内部統制整備に向けた要員育成のための教育/研修コースと、内部統制整備に活用できる各種テンプレートのセット。研修4コース×3名の内部統制教育と、11種類のテンプレート、WebによるQ/A対応から構成されている。「PRODocumal」は、ISO対応の文書管理システムで、カスタマイズレスにより短期でシステムを稼働でき、操作性に優れたユーザインターフェースを備えている。今回出荷される内部統制オプションにより、有効性評価の結果で確認した証跡を統制単位に保存でき、テスト関係情報などを一元管理できるため、効率的で的確な有効性評価作業が可能となる。

 また同社は、金融商品取引法で求められる要件などをベースに“内部基準”を策定し、これに準拠したソリューションに推奨マーク“Internal Eyes”を付与する制度を開始する。主な推奨ソリューションには、企業内の業務プロセス統制に関係するアクセスコントロールやアクセスログ、承認履歴などを管理する機能を標準搭載した中堅企業向け統合ERPソリューション「GLOVIA smart」や、セキュリティを含む統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker」、信頼性に優れたDB「Symfoware」など約50種類の製品がある。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 文書管理ソリューション 「MyQuick」 【インフォコム】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018338


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ