SDK、エージェントレス型IT資産管理ツールのVista対応版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SDK、エージェントレス型IT資産管理ツールのVista対応版を提供


掲載日:2007/05/09


News

 株式会社エスディーケーは、PCにエージェントをインストールせずにPCデータを収集/管理できるIT資産管理ツール「WhiteFox WMI Asset Manager 2006(R2.2 Vista対応版)」を、提供する。

 「WhiteFox WMI Asset Manager 2006」は、ネットワーク接続されているPCのデータをリモート収集し、インストールされているプログラムやOSのライセンス、適用されているセキュリティパッチ、保守契約/リース契約を管理するツール。エージェントプログラムをクライアントPCに置かず、同製品がインストールされたPCからリモートでデータを収集することができる。CSV形式で資産管理台帳を出力することもできる。これにより、PCの固定資産管理やライセンス管理、パッチ適用管理が容易となり、システム管理者の作業負荷を軽減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

仮想環境に潜むコンプライアンスリスク、監査請求の責任は誰に? 【ウチダスペクトラム】 ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立 【インフォアジャパン】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 仮想化技術の普及に対応するIT資産管理のベストプラクティス 【ウチダスペクトラム株式会社】 コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に? ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 「ライセンス管理不備で高額請求」の落とし穴を回避、理想のIT資産管理とは コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018328


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ