SIPropプロジェクト、SIPの相互接続フレームワークをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SIPropプロジェクト、SIPの相互接続フレームワークをリリース


掲載日:2007/05/09


News

 SIPropプロジェクトは、SIP(Session Initiation Protocol:VoIPシステムで呼の制御を行なうプロトコル)の相互接続を解決するためのJavaベースのオープンソースフレームワーク「SIPropバージョン1.0」を、リリースした。

 「SIProp」は、SIP対応機器同士の仕様の差異を吸収する仕組みを提供するフレームワーク。基本アーキテクチャにB to B UA(Back to Back User Agent)を採用しており、内部で機器依存部分を削ぎ落とした標準SIPメッセージ“FlatSIP”を操作することでメッセージの差異を変換する。また、シーケンスを制御する機能も備え、異なるシーケンスの機器の仕様差も補完することができる。

 今回リリースされた「SIPropバージョン1.0」は、クライアントサイドで動作するB to B UAフレームワークで、モバイル端末への組み込みにも対応するためにJ2ME(Java 2 Platform,Micro Edition)を採用している。B to B UAの動作をモジュールで定義することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018323


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ