日本IBM、暗号化機能を強化したLTO第4世代準拠製品などを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、暗号化機能を強化したLTO第4世代準拠製品などを出荷


掲載日:2007/05/08


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、大容量バックアップ向け磁気テープ規格“LTO”(Linear Tape-Open)の第4世代に準拠し、暗号化機能を強化した「IBM System Storage」テープ製品ファミリーの新製品と機能拡張を、5月7日より順次出荷する。

 今回出荷される新製品/機能拡張では、同社の暗号化ソリューションソフトウェア「暗号鍵マネージャー・コンポーネント」(Encryption Key Manager:EKM)を利用することができる。「EKM」は、対称暗号化(共通鍵)アルゴリズム“AES”方式でデータを暗号化し、暗号化で作成された共通鍵を更に非対称暗号化(公開鍵/秘密鍵のペア)アルゴリズム“RSA”方式で暗号化する。「EKM」はJavaベースのソフトウェアで、メインフレームからx86サーバまで様々なプラットフォームで共通に使用することができる。

 最大データ転送速度は毎秒240MB、テープカートリッジの最大記録容量は1.6TB(いずれも2:1圧縮時)に拡張されている。暗号化のプロセスはテープドライブ内で実行するため、データの書き込みや読み出しの速度を損なわず、効率的にデータをバックアップ/アーカイブすることができる。また、LTO第3世代のテープカートリッジの読み書きや第4世代LTOとの混在管理が可能なため、既存のデータ資産も保護/活用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 ファイルの暗号・持出し管理「NonCopy 2」 【サイエンスパーク】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 サーバやPC内に「金庫(安全な領域)」を作ることで、不正なファイルの持ち出し行為を禁止。USBメモリ、スマートフォン、タブレットなど多様な外部デバイスを制御できる。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018317


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ