日立システム、PCの不正接続を防止するソフトの機能拡張版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システム、PCの不正接続を防止するソフトの機能拡張版を発売


掲載日:2007/05/07


News

 株式会社日立システムアンドサービスは、PCからネットワークへの不正接続を防止するソフトウェアの機能拡張版「オープンネット・ガード Ver3.1」を、発売した。

 「オープンネット・ガード」は、個人PCや登録外の端末の社内への接続を防止できるソフトウェア。MACアドレスをチェックし、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバによるIPアドレスの配布を実施するため、セキュリティ性に優れた社内ネットワークを可能とする。今回のバージョンでは、日本版SOX法への対応として、PCの資産管理やセキュリティ監査機能を追加した。

 PCの資産管理をワークフローで行なうことができ、新しく購入したPCを社内ネットワークへ接続する際や、利用者の変更および利用期間の延長を行なう際に、ワークフロー画面から申請し、管理者の承認を得ることで自動的に社内ネットワークへ接続可能となる。PCの登録/更新作業を簡素化でき、情報の誤入力による接続トラブルも防止することができる。

 「エンタープライズ版」では、PCのセキュリティ監査機能の追加により、ウイルス対策やOSの脆弱性対策の実施状況を把握することができる。これにより、承認を得ているPCでも、危険度が高いPCは、ジュニパーネットワークス株式会社の「NetScreen」/「SSG」シリーズとの連携により接続を遮断することができる。なお価格は、200クライアントの場合で、「スタンダード版」が92万4000円、「エンタープライズ版」が130万2000円(いずれも税込)などとなっている。


出荷日・発売日 2007年4月18日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日立システムアンドサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 【インフォアジャパン】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
企業設備資産管理ソリューションの最新動向 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018301


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ