IBM、二酸化炭素削減を支援するエネルギー効率に優れた製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBM、二酸化炭素削減を支援するエネルギー効率に優れた製品出荷


掲載日:2007/05/07


News

 IBMは、ユーザの二酸化炭素排出の削減などを支援する、エネルギー効率に優れたブレードサーバ「IBM BladeCenter」の新製品を、出荷した。

 今回出荷されたシステムは、AMD/Intel製の低電圧マイクロプロセッサテクノロジーを搭載し、エネルギー効率に優れたフラッシュメモリベースのストレージも使用できるブレードサーバ。低消費電力のインテル製クアッドコアプロセッサを搭載したブレードサーバの場合で、2ソケットのブレードサーバ1台当たり最大60Wの電力消費を削減可能となり、1000台導入することで二酸化炭素排出量を1年間で約9t削減することができる。

 システムのエネルギー効率を向上するため、吸気/冷却ファン配置やゾーン冷却テクノロジーの管理によりブレードサーバ内の冷却効率を向上する“Calibrated Vectored Cooling”や、複数のシステムにわたって電力消費の測定/記録/制御/上限設定を支援する“PowerExecutive”、エネルギー効率に優れた電源装置も採用されている。フラッシュメモリオプションは、Linuxの起動デバイスとしての利用や、データ処理量が比較的少ないアプリケーションのストレージとしての利用も可能で、「BladeCenter」ユーザは、フラッシュ装置でシステムが起動することで、ファイバチャネル/InfiniBand/10Gイーサネットといった“IBM Virtual Fabric Architecture”に属する“ファブリック”を、ストレージネットワークへの接続に利用することができる。


出荷日・発売日 2007年4月11日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018299


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ