TIX、データセンタで回線とIPSなどを一体化したサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TIX、データセンタで回線とIPSなどを一体化したサービスを提供


掲載日:2007/04/27


News

 株式会社テック・インデックス(TIX)は、同社データセンタのソリューションとして、回線と基幹ネットワークを一体化した「マネージド回線共有サービス」の提供を、開始した。価格は、初期費用が10万円、月額費用が5万円からとなっている。

 「マネージド回線共有サービス」は、ハウジングサービスのメニューとして、インターネット回線共有サービスとIPS(侵入防御システム)/ファイアウォール/ロードバランサ(負荷分散装置)をワンストップで提供するサービス。最短5営業日という納期で提供される。ユーザは、ネットワーク機器のメンテナンスをアウトソーシングすることで、短期間でのサービス開始が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 初期費用:10万円/月額費用:5万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

深刻な電力問題を解消、“GPU大量搭載”時代の省エネ&高給電データセンター 【データドック】 データセンター選びで、供給電力と床耐荷重を重視すべき理由とは 【データドック】 新潟の「潤沢な雪」で冷却、長岡発“次世代型データセンター”の空調コストは? 【データドック】 大規模コンテンツ配信やIoT……エッジコンピューティングを活用すべき3つの分野 【シュナイダーエレクトリック】 クラウドコンピューティングが高可用性エッジソリューションを必要とする理由 【シュナイダーエレクトリック】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
深刻な電力問題を解消、“GPU大量搭載”時代の省エネ&高給電データセンター データセンター選びで、供給電力と床耐荷重を重視すべき理由とは 新潟の「潤沢な雪」で冷却、長岡発“次世代型データセンター”の空調コストは? 大規模コンテンツ配信やIoT……エッジコンピューティングを活用すべき3つの分野 クラウドコンピューティングが高可用性エッジソリューションを必要とする理由

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018284


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ