コレガ、IEEE802.11n Draftに準拠した無線LAN PCカードを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コレガ、IEEE802.11n Draftに準拠した無線LAN PCカードを発売


掲載日:2007/04/26


News

 株式会社コレガは、無線LAN高速化規格IEEE802.11n Draftに準拠した無線LAN PCカード「CG-WLCB144GN」を、5月1日より発売する。また、発売済みの無線LANブロードバンドルータ「CG-WLBARGN」とのセットモデル「CG-WLBARGN-P」も、5月1日より発売する。

 「CG-WLCB144GN」は、IEEE802.11nのDraft Ver1.0に準拠し、最大130Mbps(理論値)の無線LAN通信が可能な無線LAN PCカード。3本のアンテナを使用し、通信データを多重送受信することで2ストリームによる2×3通信を可能とする“XSPAN”技術を採用し、速度/距離/安定性を向上している。従来の11g/bとの互換性も備えている。

 セキュリティでは、WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2 EAP(Extensible Authentication Protcol)に対応し、IEEE802.1xにより認証システムの構築が可能となっている。また、無線LAN接続設定方式“WPS”(Wi-Fi Protected Setup)を搭載し、“かんたん無線接続ボタン”により無線LAN設定/セキュリティ設定を行なうことができる。なお価格は、「CG-WLCB144GN」が1万2800円、「CG-WLBARGN-P」が3万5800円となっている。


出荷日・発売日 2007年5月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018256


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ