日本HP、ネットワーク末端でのセキュリティを強化する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ネットワーク末端でのセキュリティを強化する製品を発売


掲載日:2007/04/25


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ネットワーク末端でのセキュリティ強化を可能とする、ネットワーク認証/検疫アプライアンス「ProCurve Network Access Controller 800」とソフトウェア「ProCurve Network Immunity Manager」を、9月1日より発売する。

 「ProCurve Network Access Controller 800」は、RADIUSサーバが行なうユーザ認証機能と、個々のクライアント端末がネットワークにアクセスし、ネットワークリソースを利用するための詳細な検疫機能など、ネットワークアクセスのためのコンポーネントを統合したネットワークアプライアンス。高さ1u(44.45mm)でラックに取り付け可能な本体にRADIUSサーバを内蔵し、アクセスコントロール機能を1台で提供する。802.1x/インライン/DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)といった複数の動作モードに対応し、有線/無線を問わず、末端のクライアントがネットワークにアクセスするための条件をすべて満たしているかのシステムチェックを実行することができる。

 「ProCurve Network Immunity Manager」は、ネットワーク上のトラフィックを監視し、ウイルスなど不正なトラフィックを検出/対処するソフトウェア。「ProCurve」の末端のスイッチからリアルタイムにサンプリングしたパケットデータ(sFlow)に対し、疑わしい振る舞いがないかをNBAD(Network Behavior Anomaly Detection)分析して内部脅威を検出する。また、異常動作を検出し感染した機器のアクセススピードを制限させる“Virus Throttle”技術を搭載したスイッチでは、同技術の機能が発する攻撃アラートを受け取ることで脅威を検出することができる。ネットワーク上の他社製IDS/IPS/UTMセキュリティアプライアンスとも連携することができる。

 検知/検出した脅威に対しては、様々な対処をポートレベルで実行することができる。パケットの通過を止めるほか、該当者の検疫VLANへの移行や、MACロックアウト、ポートのシャットダウン、利用帯域の制限、管理者へのアラートなど、状況に応じて脅威の軽減と対処が可能となっている。ネットワーク全体のエンドポイントで発生するセキュリティ情報を一元的に管理/収集/分析する機能も備え、柔軟性に優れたポリシーの管理や、法規制への遵守に求められるデータの管理とレポーティングも提供する。


出荷日・発売日 2007年9月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】
検疫
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018253


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ