デル、“LTO-4”を採用したテープバックアップ装置を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、“LTO-4”を採用したテープバックアップ装置を発売


掲載日:2007/04/23


News

 デル株式会社は、磁気テープ記憶装置規格の最新世代“LTO-4”を採用した外付けタイプのテープバックアップ装置「PowerVault LTO-4-120」を、4月24日より発売する。価格は、41万4225円(税込)となっている。

 「PowerVault LTO-4-120」は、シングルテープに最大で非圧縮時800GB/圧縮時1.6TBのデータを、毎秒120MB(非圧縮)〜240MB(圧縮時)でバックアップできるシングルドライブのテープ装置。AES(Advanced Encryption Standard)256ビット方式によるハードウェアベースの暗号化技術を搭載しており、順次提供が予定されているバックアップソフトとの組み合わせにより、テープの持ち出しによる情報漏洩を防止することができる。

 第3世代の“LTO-3”フォーマットテープとの間で読み書きの互換性が確保されているほか、第2世代“LTO-2”のテープからは読み取りが可能で、過去の情報資産を有効活用することができる。接続インターフェース規格は汎用性に優れたSAS(Serial Attached SCSI)を採用しており、スケーラブルなバックアップが可能となっている。


出荷日・発売日 2007年4月24日 発売
価格 41万4225円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 ランサムウェア被害から見えてきたエンドポイントデータ保護対策の6原則 【Commvault Systems Japan+他】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 専門家によればランサムウェア「WannaCry」は国内外で「非公表のものを含め相当数のデータを破壊した」という。今こそ組織として被害を防ぐ「6原則」を確認しておこう。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018220


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ