サン、「Sun Java Enterprise System 5」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、「Sun Java Enterprise System 5」を発売


掲載日:2007/04/17


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、内部統制への対応とビジネスプロセス統合の自動化を可能とするソフトウェアシステムの新版「Sun Java Enterprise System 5」を、発売した。

 今回の新版では、SOA(サービス指向アーキテクチャ)基盤を構築するベースとなるソフトウェア製品群の機能強化が図られている。HTTPエンジン「Sun Java System Web Server 7.0」では、RSA公開鍵暗号に加え楕円曲線暗号を使用した公開鍵暗号方式をサポートしており、メモリやパワーの小さな携帯電話のような機器でも公開鍵暗号を使用することができる。「Sun Java System Directory Server Enterprise Edition 6.0」では、最大18CPUのスケーラビリティと高可用性を備えたマルチマスターレプリケーション機能の拡張や管理容易性の向上が図られているほか、LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)の情報に加えDBからの情報も透過的に参照できるバーチャルディレクトリ機能を装備している。

 アイデンティティの監査と管理の統合化を可能とするソフト「Sun Java System Identity Manager 7」と、ドメインを越えてアイデンティティの管理を連携できるソフト「Sun Java System Federation Manager 7.0」が追加されている。「Sun Java System Identity Manager 7」では、従来は別製品として提供されていた、アイデンティティの監査機能を備えた「Sun Java System Identity Auditor」と、サービスプロバイダなどの大規模システムにおけるアイデンティティ管理機能を備えた「Sun Java System Identity Manager Service Provider Edition」が統合化されている。これらにより、 内部統制の整備のためのアクセス管理と職務の分掌に対応することができる。

 ITシステムを効率的/効果的に統合できるSOAのための開発基盤「Sun Java Composite Application Platform Suite」(Sun Java CAPS)も追加されている。「Sun Java CAPS」には、同社と事業統合したSeeBeyond社のテクノロジを継承する「Sun SeeBeyond eGate Integrator 5.1.2」や「Sun SeeBeyond eInsight Business Process Manager 5.1.2」に加え、データ統合を行なうための各リソースへの接続を可能とする様々なアダプタが含まれている。


出荷日・発売日 2007年4月16日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018153


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ