富士通、企業向けデスクトップPCのラインアップを一新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、企業向けデスクトップPCのラインアップを一新


掲載日:2007/04/16


News

 富士通株式会社は、企業向けデスクトップPC「FMV-ESPRIMO」で、Windows Vista Business搭載モデルを2シリーズ18機種に拡充するほか、Core 2 Duoプロセッサ搭載可能機種を拡充し、全3シリーズ21機種を、4月下旬より順次提供する。

 今回発売されたモデルでは、Windows Vista Business搭載モデルに加え、現時点ではWindows XP環境で利用しVistaへの移行予定があるユーザ向けに、Windows XP Professionalにダウングレードして出荷するサービスも提供される。また、導入支援サービスの実施や、“Windows BitLockerドライブ暗号化”など大規模なビジネス環境向けの機能を搭載したWindows Vista Enterpriseへの対応も行なわれる。Office Personal 2007/Office Professional 2007のプレインストールが可能なカスタムメイドメニューの全機種での提供に加え、Office Personal 2007 with Office PowerPoint 2007も全機種で提供される。

 コンパクト型最上位機「FMV-D5340」では、Core 2 Duoプロセッサの標準搭載に加え、インテルQ965 Expressチップセットや1066MHzのシステムバス、DDR2 SDRAM/PC2-5300メモリ、シリアルATA HDDの搭載などにより、システム全体で処理速度を向上している。コンパクト型スタンダード機「FMV-D5245」/「FMV-D5240」と液晶一体型「FMV-K5240」では、カスタムメイドでCore 2 Duo プロセッサを選択することができる。24時間の連続稼働ニーズに対応したモデルとして、「FMV-D5245」の標準モデルをベースに、24時間連続稼働仕様の2.5インチHDDや、アルミ電解コンデンサと冷却ファンに長寿命品を採用した専用電源などを搭載した製品も用意されている。

 工具不要で本体カバーの開閉が可能な“イージーアクセス筐体”を採用しているほか、標準装備(「FMV-K5240」を除く)の連動式サービスコンセントにより、本体の電源からディスプレイの電源を切断することができる。PC本体内の温度変化に応じてリアルタイムで冷却ファンを制御し、システム待機時には26デシベル以下で動作可能となっている。また、同社Webショッピングサイト“WEB MART”で提供している「FMVバリュー」シリーズでは、Core 2 Duoプロセッサを選択可能なコンパクト型「FMV-D3240」と、基本性能を強化した液晶一体型「FMV-K3240」が、4月中旬より提供される。

  (写真:「FMV-D5245」)


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018140


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ