テクノロジックアートなど、UMLツールとJ2EEシステムを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テクノロジックアートなど、UMLツールとJ2EEシステムを連携


掲載日:2007/04/16


News

 株式会社テクノロジックアートと英New Technology/enterpriseは、テクノロジックアートのUML(統一モデリング言語)ツール「パターンウィーバー」とNew Technology/enterpriseのJ2EEシステム「JeeWiz」を連動させ、共同でビジネスを開発すると、発表した。

 「パターンウィーバー」は、分析/設計工程を支援するUMLモデリングツール。「JeeWiz」は、「パターンウィーバー」で作成したモデルを読み込み、Java/J2EEソースコードを自動生成する。両製品はXMI(XML Metadata Interchange)形式でのデータ交換により連携する。これにより、MDA(Model Driven Architecture:モデル駆動)型の開発が可能となり、上流工程から下流工程までのシームレスな開発が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「テクノロジックアート」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「テクノロジックアート」ニュース

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018137


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ