F-Secure、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ製品の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


F-Secure、Linuxサーバ向け統合型セキュリティ製品の新版を発売


掲載日:2007/04/12


News

 日本エフ・セキュア株式会社は、Linuxサーバ向け統合型セキュリティソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」Ver5.51を、発売した。

 「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」は、ミッションクリティカルなアプリケーションに適した、Linuxサーバ向け統合型セキュリティソリューション。ウイルスやワーム、トロイの木馬の侵入をリアルタイムで阻止でき、3エンジン搭載によりウイルス検知率とウィルス対応速度を向上している。また、トラフィックの監視とフィルタリングを行ない不正なネットワークアクセスを防ぐファイアウォール機能に加え、バックドアへのアクセスやファイル改ざん、ルートキットなど不正ファイルのインストールやメモリ読み込みを自動的に検知して遮断するホストベース侵入防止機能も備えている。集中管理ツール「F-Secureポリシーマネージャ」により、1万システム以上のWindows/LinuxサーバやPCを一元集中管理することができる。

 今回のバージョンでは、独立したスパイウェアエンジンを搭載し、精度に優れたリアルタイムスパイウェア検査が可能となった。操作性/安定性も向上し、コマンドラインモードでのインストールをサポートしたほか、メモリリークの可能性に対応している。また、Kernel 2.6のLinuxディストリビューションで、EM64T/Athron64/Opteronといった64ビットCPUに対応している。なお価格は、1サーバで初年度8万8000円、10サーバでサーバあたり7万円、100サーバでサーバあたり3万5000円となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018095


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ