日本オラクル、エンタープライズ統合管理製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、エンタープライズ統合管理製品の新版を提供


掲載日:2007/04/11


News

 日本オラクル株式会社は、エンタープライズ統合管理ソリューションの新版「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」の提供を、開始した。

 「Oracle Enterprise Manager 10g」は、アプリケーション/ミドルウェア/DB管理を横断し、同社/他社システムを管理するソリューション。今回の新版では、業務アプリケーション側からインフラをサービスや業務の視点で運用管理する“トップダウン・アプローチ”を採用している。パフォーマンスや可用性、サービスレベル、システム構成の把握、障害時の問題分析から対処までの運用プロセスの自動化、システムライフサイクルの管理、セキュリティの可視化、IT統制の強化といった運用管理を可能とする。これによりIT部門は、サービスレベルの監視から、ビジネスに影響が現れる前の予防的な例外事象の切り分け、ITスタックの様々なレベルにおける問題解決まで、優れたサービス品質をコストを抑えて利用者に提供することが可能となる。

 Oracle Fusion Middlewareの管理機能が拡充され、ビジネスアプリケーションが利用するSOA(サービス指向アーキテクチャ)や「Business Activity Monitoring」など各種サービスに対応する。また、ソフトウェアやハードウェアの構成アイテムを管理し、問題発生時に構成変更の観点から原因を追跡する“構成管理”機能が提供される。構成管理の情報に基づきセキュリティの可視化や同社が推奨する設定情報をアドバイスする“コンプライアンス・ダッシュボード”機能も提供される。

 開発/テスト/ステージング/本稼働から運用にいたる、アプリケーションとインフラに対応したライフサイクル管理機能を搭載している。これにより、テスト環境で検証済みのOracle E-Business Suiteのアプリケーションを自動的に実稼働環境にクローニング(複製)することができる。また、Oracle Fusion Middleware環境やOracle Real Application Clusters環境で使用する高可用性ソリューションのコストを削減でき、オンデマンドでSOAアプリケーションやあらかじめパッケージ化されたアプリケーション用にキャパシティを追加することが容易となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

「自分でもやってみたい」が鍵、“全員納得”の働き方改革はこう実現する 【ヴイエムウェア株式会社】 サポート終了後のリスク対策、グローバルに対応可能な保守プロバイダーの選び方 【カーバチュア・ジャパン】 激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” 【日本電気】 オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る 【日本ヒューレット・パッカード】 セキュリティ製品を活用しきれない理由は「オペレーション」にあり 【ServiceNow Japan】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「自分でもやってみたい」が鍵、“全員納得”の働き方改革はこう実現する サポート終了後のリスク対策、グローバルに対応可能な保守プロバイダーの選び方 激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る セキュリティ製品を活用しきれない理由は「オペレーション」にあり

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018084


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ