日本ビジネスオブジェクツ、物理/仮想データ統合製品の新版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ビジネスオブジェクツ、物理/仮想データ統合製品の新版出荷


掲載日:2007/04/11


News

 日本ビジネスオブジェクツ株式会社は、全社規模の迅速なデータ統合を支援する物理データ統合製品「Data Integrator XI Release2 Accelerated」と仮想データ統合製品「Data Federator XI Release2 Accelerated」を、2007年第2四半期より出荷する。

 「Data Integrator」は、企業内に散在するソースデータから必要な情報を抽出し、DWHやDMを構築することでデータの一元性を確保できるETL(抽出/変換/格納)製品。今回の新バージョンでは、データ統合プロセス実行時に2GBを超えるメモリ領域の活用が可能となったほか、64ビットUNIXプラットフォーム/32ビットLinuxに対応している。また、データクレンジング製品「Data Quality XI」のデータフローにアクセスして「Data Integrator」内にインポートでき、インポートされた「Data Quality」トランスフォームは「Data Integrator」のデータフロー内でクレンジング/照合/集約を実行することができる。約20種類の関数の追加などにより生産性も向上している。

 「Data Federator」は、企業内に散在する様々なデータソースを仮想的に統合し、リアルタイムなビューとして提供できる製品。複雑なマルチソースに対するクエリにかかる時間を短縮することもできる。今回の新バージョンでは、新しい演算子生成機能により、データソース内のデータパターンを自動検出し、テーブル情報を取り込む際の最適な結合演算子を選択することができる。データパターンの発見と認識によりクエリ実行を最適化するオプティマイザーがメモリ消費を抑え、効率的に結果を返すことができる。UNIXプラットフォーム(Solaris/AIX)にも対応した。また、UI(ユーザインターフェース)が改善されたほか、XMLデータソースなど、ソースとして扱えるタイプが追加されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】 BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】
ETL ETL
優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。 SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018081


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ