MONET、バイナリ差分アップデートソフトの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MONET、バイナリ差分アップデートソフトの新バージョンを発売


掲載日:2007/04/06


News

 株式会社MONETは、米ポケットソフトのバイナリ差分アップデートソフト「RTPatch for Windows バージョン 10.50」を、発売した。価格は、開発者ライセンスが120万円となっている。

 「RTPatch」は、データやプログラムをアップデートする際に、旧バージョンからの変更個所をバイナリレベルで抽出して差分パッチを作成できるソフト。バージョンアップを差分パッチで行なうことで、プロセスを簡略化し、新バージョンの配信コストを低減させることができる。今回のバージョンでは、Windows Vistaに対応し、Vista上で実行するためのアクセス許可権限のサポートが強化されているほか、Vista上でのUAC(ユーザアクセスコントロール)に起因するエラー時の新しいエラーメッセージに対応している。

 すべての「RTPatch」ユーティリティが電子署名化されたほか、CHM(Windows用のHTML形式のヘルプファイル)で同製品のドキュメントが提供される。自己適用型パッチ“EZPatch”作成時の“RequireAdmin”コマンドの追加も行なわれている。


出荷日・発売日 2007年4月4日 発売
価格 120万円/開発者ライセンス

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは? 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018033


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ