キヤノン、画質に優れたインクジェットプリンタ2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、画質に優れたインクジェットプリンタ2機種を発売


掲載日:2007/04/04


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズで、L判フチなし写真を約46秒でプリントできる「PIXUS iP2500」と、A4対応のノート型「PIXUS iP90v」を、4月上旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 両製品とも、プリントヘッド技術“FINE”(Full-photolithography Inkjet Nozzle Engineering)をベースに最高4800×1200dpiの解像度や最小2plのインク滴によるプリントを可能としている。また、同社の染料インクと純正写真用紙の組み合わせにより、プリントした写真の保存性を向上させている。フィルム密閉型のアルバムに入れて暗所保存した場合は約100年間、直射日光の当たらない室内のフォトフレームなどに保存した場合は約30年間、オゾン/窒素酸化物/硫黄酸化物といった色あせの原因となるガスの混合環境でも約10年間の保存性を達成している。

 「PIXUS iP2500」は、幅442mm×奥行き237mm×高さ152mmとコンパクトで、プリントヘッド/インクタンクが一体化した“FINEカートリッジ”を採用したプリンタ。プリントヘッドは最小2plのインク滴を吐出するノズルを合計1472本備えている。「PIXUS iP90v」は、幅310mm×奥行き174mm×高さ51.8mm/重さ約1.8kgと小型/軽量で、赤外線通信IrDA Ver.1.1やBluetooth(オプション)により、カメラ付き携帯電話で撮影した写真や、保存されているメール/電話帳/予定表などを無線で直接出力できる機能“プリントビーム”を搭載している。

 印刷時にプリンタドライバで“ブラックインク節約モード”を選択することで、標準モードとほぼ同じ印刷品位を保ちながらブラックインクの使用量を通常の3分の2程度に抑えることができる。ダイレクトプリントの業界標準規格“PictBridge”に対応しており、同社製に加え他社製の“PictBridge”対応デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ(静止画)とケーブルでつなぐことで直接プリントすることができる。


出荷日・発売日 2007年4月上旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20018010


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ