事例:徳島大病院、ワコムのタブレットで電子カルテに手書き入力

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:徳島大病院、ワコムのタブレットで電子カルテに手書き入力


掲載日:2007/04/03


News

 株式会社ワコムは、徳島大学病院で、同社の液晶ペンタブレット「Cintiq 21UX」を使用した電子カルテシステムが1月より稼働したと、発表した。

 徳島大学病院では従来より、1人の患者に対する診療記録は電子カルテで一元管理され、診断画像も、ネットワークを介した医用画像の保管/転送システム“PACS”で管理/運用されていた。一方、各診療科で行われた内視鏡/超音波などの検査記録は、電子カルテ上でなくそれぞれの診療科で管理されていたため、この記録を持たない診療科の医師が過去の診断/検査画像情報を入手するのに時間がかかっていた。そこで、画像診断/検査記録を一元管理して電子カルテの患者情報と連携させ、全診療科で診療記録を共有できるシステムの構築を検討してきた。

 今回のシステムでは、電子カルテに「Cintiq 21UX」と株式会社ピーエスシーの画像ファイリングシステム「Claio」を連携させている。「Cintiq 21UX」は、電子ペンでディスプレイに直接手書きで情報を入力することやシステムを操作することができる。これにより、レントゲン/内視鏡/超音波/心電図などの診断画像や過去の診療/検査記録を表示し、医師の所見や簡単なスケッチをディスプレイ上に直接書き込み、そのまま電子的に記録することが可能となった。

 「Cintiq 21UX」は同院の全診療科に合計約280台導入され、書き込みが行なわれた診療記録などは「Claio」で一元管理される。この情報は電子カルテと連携しており、1人の患者に対して必要な情報を全診療科で検索/閲覧することができる。また、医師と患者が診療記録を一緒に見ながらコミュニケーションを取ることができるため、患者に対する説明を分かりやすく伝えることができ、患者1人ひとりに対するインフォームドコンセントが向上した。

  (写真:手書き入力した画面例)


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017979


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ