サン、楕円曲線暗号公開鍵方式に対応したWebサーバの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、楕円曲線暗号公開鍵方式に対応したWebサーバの新版を発売


掲載日:2007/03/30


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、インターネットにおけるセキュリティの強化とスケーラビリティの確保を図り、パフォーマンスを向上させたWebサーバの新版「Sun Java System Web Server 7.0 日本語版」を、発売した。

 「Sun Java System Web Server」は、中/大規模のビジネスアプリケーションを稼働させるWebサイトに適したHTTP/HTTPSサーバ。今回の新版では、従来のRSA公開鍵方式に加えECC(楕円曲線)暗号公開鍵方式をサポートしている。同方式は、楕円曲線上の離散対数問題の困難さから安全性を確保しており、RSAに比べ短い鍵長で同等のセキュリティレベルを確保できるため、より少ないソースでセキュリティを強化でき、特にメモリやパワーの小さなモバイル機器にも公開鍵暗号を使用したソリューションを提供することができる。

 OSは、Solarisに加えWindows/Red Hat/SuSE/HP-UXに対応し、Solaris環境下では64ビットで稼働するほかUltraSPARC T1プロセッサへの最適化も図っている。また、“ライトウェイト・セッション・レプリケーション”機能を装備し、クラスタ型の構成をベースにしたセッションのレプリケーションとフェールオーバーをサポートする。これにより、Webアプリケーション運用での安定性と高い可用性を保つことができ、特定のハードウェアやソフトウェアは不要となっている。なお価格は、1利用ソケットあたり24万2000円で、稼働させるシステムのコア数に関わらず、利用ソケット数に準ずるソケットライセンス方式となっている。


出荷日・発売日 2007年3月27日 発売
価格 1利用ソケットあたり24万2000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017946


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ