NTTデータ、統合運用管理オープンソースソフトの新版などを公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、統合運用管理オープンソースソフトの新版などを公開


掲載日:2007/03/30


News

 株式会社NTTデータは、統合運用管理OSS(オープンソースソフトウェア)「Hinemos」の機能を拡張し、性能とエンタープライズ性を向上させた「Hinemos ver.2.2」を、公開した。

 「Hinemos」は、エンタープライズ環境でのコンピュータ群の一元的運用管理を可能とするOSS。ソースコードはすべてオープンソースのライセンス“GPL”(GNU General Public License)で公開される。今回のバージョンアップでは、監視対象としてSolarisに正式対応したほか、x86_64環境への適応や、新たなメンテナンス機能の実装などが行なわれている。

 また同社は、「Hinemos」のプロジェクトを公開する“Hinemosポータルサイト”も、公開した。「Hinemos」に関する機能情報に加え、セミナーやイベント情報の発信、ユーザー事例の公表、最新リリース情報、パートナー情報などの情報提供やコミュニケーションを図る。なお、「Hinemos」の保守サポート/外販パートナーの募集も、開始された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? 【レッドハット】 「3〜5年でのリプレース」を止めてITコストを劇的下げる方法とは? 【カーバチュア・ジャパン】 クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を苦しめる運用負担、その解決策は? 【日本ヒューレット・パッカード】 Citrix製品の高度なサポートから延命保守まで対応、認定パートナーの5つの強み 【アシスト】 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? 「3〜5年でのリプレース」を止めてITコストを劇的下げる方法とは? クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を苦しめる運用負担、その解決策は? Citrix製品の高度なサポートから延命保守まで対応、認定パートナーの5つの強み ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月)

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017943


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ