日商エレ、SAN/NAS両プロトコル対応のストレージシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、SAN/NAS両プロトコル対応のストレージシステムを発売


掲載日:2007/03/26


News

 日商エレクトロニクス株式会社は、米Pillar Data Systems製SAN/NAS両プロトコル対応ストレージシステム「Pillar Axiomストレージシステム」を、発売した。価格は、2600万円からとなっている。

 「Pillar Axiomストレージシステム」は、1つのモデルでSAN専用/NAS専用/SAN+NAS両用など、ユーザー環境に柔軟に対応できるマルチプロトコル対応ストレージシステム。SAN/NAS両環境のデータを1つのシステムにまとめることができ、管理者は管理の一元化と導入/管理コストの削減を図ることができる。また、すべての部分で2重化されており、信頼性と安全性に優れている。

 バックアップのための仮想テープライブラリ機能や、コンプライアンス対応のためのWORM(データ書き換え防止)機能、災害対策として遠隔地のストレージシステムへのリモートデータコピー機能などの様々な用途にも柔軟に対応することができる。将来的な拡張に対しても、数TBからエンタープライズクラスの400TB以上までの拡張性を備え、1システムに対するソフトウェアライセンス費用が固定であるため、ディスク容量の増加によるライセンス費用の変動は起こらない。


出荷日・発売日 2007年3月23日 発売
価格 2600万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 比較調査で見極める、大規模ワークロード環境に適したストレージ 【ネットアップ】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 代表的なストレージ製品を徹底比較! 導入条件となる4つのポイントも伝授 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017893


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ