プラネックス、PoE受電可能な無線LANアクセスポイントを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プラネックス、PoE受電可能な無線LANアクセスポイントを発売


掲載日:2007/03/22


News

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、PoE(Power over Ethernet)受電機能を搭載した無線LANアクセスポイント「GW-AP54P」を、3月下旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「GW-AP54P」は、有線部に10BASE-T/100BASE-TXを2ポート備え、1ポートがPoE受電機能に対応した無線LANアクセスポイント。PoE対応のスイッチや給電アダプタからLANケーブル1本で動作できるほか、付属のACアダプタによりPoE機能を使用せずに動作することもできる。無線部はIEEE802.11b/gに対応し、Wi-Fi認証を取得している。また、ワンタッチで子機に切り替えでき、無線機能がないPC/プリンタなどLANポートを持つ機器を無線化できる“コンバータモード”を備えている。

 WDS(Wireless Distribution System)リピータ/ブリッジ機能は最大8台に対応し、直接電波の届かない場所や障害物などによる死角エリアへの通信を中継することや、複数の有線ネットワークを相互に無線で接続することができる。セキュリティでは、互換性に優れたWEP(Wired Equivalent Privacy)/WPA(Wi-Fi Protected Access)に加え、WPA2機能にも対応しているほか、RADIUSサーバの設置によりRADIUS認証も利用可能となる。


出荷日・発売日 2007年3月下旬 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? 【KDDI】 Wi-Fi導入で失敗するよくある「9つの誤解」 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は? 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 【SAS Institute Japan】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? Wi-Fi導入で失敗するよくある「9つの誤解」 Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は? 製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017853


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ