クロスランゲージ、欧州6ヵ国語/中国語/韓国語翻訳ソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クロスランゲージ、欧州6ヵ国語/中国語/韓国語翻訳ソフト発売


掲載日:2007/03/12


News

 株式会社クロスランゲージは、Windows VistaとOffice 2007に対応した翻訳ソフトで、欧州6ヵ国対応の「JxEuro 2008」と中国語対応の「蓬莱 2008」を、4月6日より発売する。韓国語対応の「高麗 2008」も、5月11日より発売する。価格は、いずれも9800円となっている。

 「JxEuro 2008」は、英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/ポルトガル語/イタリア語の6ヵ国語に対応した翻訳ソフト。欧⇔日モード/欧⇔英モード/欧⇔英⇔日モード/日⇔欧(英)⇔日確認翻訳モードなど、用途に応じて変化するマルチモード対応の翻訳エディタを搭載している。また、欧州各国語のユーザー辞書と辞書学習機能を装備し、品詞区分や男性詞/女性詞区分、活用形の設定など、欧州言語特有の詳細な辞書登録が可能となっている。

 「蓬莱 2008」は、中国語の大陸の標準文字“簡体字”と、台湾や香港で使用される“繁体字”の両方に対応した中国語翻訳ソフト。Windows XPでは“簡体字”の音声読み上げ機能も利用することができる。読み上げている語にカーソルがハイライトし、スピード調節も可能となっている。「高麗 2008」では、記述方法が曖昧な“ハングルの分かち書き”を自動補正して翻訳でき、韓→日で95%以上の翻訳精度を達成している。翻訳エディタには日→韓→日の“確認翻訳モード”を搭載し、訳されたハングル文の正否を一目で把握できるほか、ネイティブ音声で読み上げる発音機能や、ハングル→カタカナ/アルファベット変換機能も搭載している。

 3製品とも、IE 6/7に対応したWebページ翻訳機能や、Word/Excel/PowerPointに翻訳機能を追加するオフィスアドイン機能を搭載している。科学技術関連の専門語辞書と各言語に対応したOCR(文字認識)ソフトが付属した「プロフェッショナル版」も用意されており、価格は1万4800円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 9800円/「プロフェッショナル版」:1万4800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィスソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オフィスソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「オフィスソフト」関連の製品

マニュアル・eラーニングコンテンツ 自動作成ソフト「Dojo」 【テンダ】 「失敗しない働き方改革」に2-in-1デバイスを生かし切るには? 【日本マイクロソフト】 Office 365活用支援「Lookシリーズ」 【ビービーシステム】 どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か 【KDDI】
オフィスソフト オフィスソフト オフィスソフト オフィスソフト
マニュアルを作成したいアプリケーションを操作するだけで、Word、Excel、PowerPoint、DHTML、HTML5など様々な形式のマニュアルを自動作成するソフトウェア。 クライアント端末の刷新だけでは真の働き方改革にはならない。安全性や実効性を確保しないと定着しないからだ。失敗しないために何が必要なのか。具体例を交えて紹介する。 Office 365への快適なアクセス環境を提供し、生産性、利便性の飛躍的な向上に貢献するクラウドサービス。Exchange Online、Outlook on the Web、Skype for Business等に対応。 「Office 365」って実際のところどうなの?

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017748


IT・IT製品TOP > PCソフト > オフィスソフト > オフィスソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ