事例:中国電力、巡視支援システムに「FMV-P8230」150台を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:中国電力、巡視支援システムに「FMV-P8230」150台を導入


掲載日:2007/03/09


News

 富士通株式会社は、中国電力株式会社の巡視支援システムに富士通のコンパーチブル型タブレットPC「FMV-P8230」150台が導入され、点検業務を効率化したと、発表した。

 中国電力は、中国5県を中心に電力を供給している。同社の流通事業本部では、約100ヵ所の水力発電所と約400ヵ所の変電所、内燃力発電所と送電線に関し、日常の点検業務や修理などの保守が行なわれている。従来の点検業務の手法は、現場で紙に記入し帰社後PCに入力したり、専用の端末を使用したりするなど、事業所によって異なっており、全体の標準化と効率化が課題となっていた。

 「FMV-P8230」は、最軽量時約985gと軽量で最長連続稼働時間が約9.3時間と、巡視担当者が一日中持ち歩けることに加え、現場で使いやすいペン入力機能や、屋内/屋外問わず視認性に優れた半透過型8.9インチワイド液晶を備えていることなどから採用され、電力設備の点検業務が標準化された。これにより、現場で入力したデータを、帰社後にはノートPCとしてそのままLANにつないでサーバへ送信できるようになり、作業が効率化された。また、データ入力と同時に現場で手順書などの資料を閲覧できるため点検業務の質が向上し、データ分析などに多くの時間を割くことが可能となった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017734


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ