エクストリーク、PBX向けSkypeゲートウェイ装置の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エクストリーク、PBX向けSkypeゲートウェイ装置の新版を提供


掲載日:2007/03/09


News

 エクストリーク株式会社は、無料インターネット電話サービス「Skype」をオフィス内の電話機で利用するためのゲートウェイ装置「VoSKY Exchange」の管理ソフトウェア機能強化版「バージョン2.0」の提供を、開始した。価格は、オープン価格となっている。

 「VoSKY Exchange」は、Skypeと既存のPBX(構内電話交換機)との間に設置し、Skypeと既存の内線電話を連携させるゲートウェイ製品。PBXにSkype回線を割り当て、Skypeからの着信を通常の電話着信のように内線電話機で対応することができる。通話先がSkypeを利用していれば通信費は無料となり、そうでない場合もSkypeOut(Skypeから固定電話/携帯電話へかけることができる有料サービス)を利用することで通信費を低減することができる。

 今回のバージョンでは、ダイヤルインサービスに対応し、同製品の回線4ポートを個別に既存のダイヤルインナンバーに設定して着信を振り分けることができる。これにより、Skype IDごとに着信する電話機を設定でき、通常の電話と同様の利用が可能となる。また、各種詳細ログの収集や、SkypeOutの利用ポリシーの設定、コンタクトリストや顧客情報の登録/共有/利用などの機能も追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

「エクストリーク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】 Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】
IP-PBX IP-PBX
既存のPBXやIP電話をSkype for Businessと簡単に統合する手法とは 働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017733


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ